その71 新入社社員研修プログラム「ひらく」に思う編

 今年の4月、24名の新入社員を迎えました。5月には、新入社員特別研修プログラム「ひらく」の写真撮影に参加させてもらいました。自分にとっても大変楽しく、心に残る経験でした。今月は、この「ひらく」について感じたことを話してみたいと思います。
 
コトを起こせ!
 この研修の話があったのは、3月のことでした。話を聞いた時、「何やら面白そうな企画、どんどんやってみよう!」と言いました。というのは、最近、理念の中でも自分が一番大切に思う「人のつながり」は大丈夫か?と感じることがあったからです。職場のいざこざ、会社を辞める人たち、職層別の飲み会も減っていると聞いていました。今年の方針に「理念の徹底」を入れたのもそんな思いからです。新入社員の同期のつながりを作りたい!というこの「ひらく」でまずはコトを起こす!やってみよう!と思いました。
 
チームの盛り上がり
 5月11日撮影当日、現場には新入社員が用意した手作りの道具がたくさん用意され、それだけで楽しそうな雰囲気でした。豊岡工場の保全や工務のみんなも協力してくれての撮影となりました。写真は加工修正一切なしが条件で、何度も何度も撮り直しました。写真を撮るたびにみんなが集まり、「ここはいいけど、あそこを直したほうが良い」「もっと笑顔でいこうか!」などと指摘し合い、新入社員が自ら動く雰囲気が生まれ、チームの盛り上がりを感じました。
 
 
 
理念とは何か?
 ということで、出来上がったのがこの写真です。みんなの笑顔は、よくある作りものではなく、何度も一緒に写真を撮ることで心からの笑顔となり、それは、みんなの気持ちが一つになった証だと思います。
しかしその後、この写真を見て「現場でこんなことをやるのはけしからん」「脚立やリフトを使って危険だ」との意見が入りました。当然ながら安全に配慮して撮影し、撮影後の掃除もみんなで行いましたが、モノの見方はさまざまです。どんな出来事にも良い面、悪い面があります。そんな時に思い出してほしいのが理念です。理念は、ソミックという会社の大事な考え方であり、会社の判断基準となります。「ひらく」は同期の人のつながりを作り、新入社員のみんなの顔に笑顔をもたらしました。皆さんの意見は参考により良い研修にし、これからも続けていきます!なぜなら、それが会社の理念だからです。
 
自分から笑顔になる
 これを読んでいる皆さん、最近同期の仲間と会っていますか?職層別の飲み会に参加していますか?まずは自分からコトを起こすことが大事です。人のつながりは、待っていてもできません!
自分から動く、それが行動指針「自分から笑顔になる」の思いです!