先輩社員の一日

自動車部品メーカーに秘められた可能性
世界レベルの仕事にやりがいを感じる

技術管理部内にある「技術企画室」に所属しています。製品開発を担う4つの部署をマネジメント、主に企画をする部署です。会社として、製品を開発していく上での目標・ビジョンに対して現実はどうか。ギャップをどう埋めていくべきか。将来に向けてどう動いていくかなどを企画して、提案していきます。もちろん提案して終わりじゃなくて、途中の段階、節目もしっかり見て、その後の管理も行っています。

2011年入社/経済学部 産業経営学科卒技術管理部 技術企画室 三室文吾

ソミックに入社したきっかけは?

戦後の日本の復興を支えたのって、産業であり製造業なんですよね。

電子機器なんかもそうですけど、その中でも自動車の存在って大きい。あと、自動車部品メーカーっていうのは、僕個人はカーメーカーより可能性があると思っていて。カーメーカーだとデザイン性の問題なんかも絡んできて、消費者が選んでくれるかどうかですけど、部品メーカーのお客さんは企業なので、性能やコストといった商品力で選んでくれる。より広く世界の人たちに貢献できる可能性は、こっちの方があるかなって。いろんな企業がグローバル化していく中、僕には就活当時から、世界を市場としていて「現状に満足していない向上心のある会社で働きたい」という思いがありました。

ソミック石川は、会社自体に上昇志向があるので、そういう自分に合っている気がして志望しました。

入社後に印象に残っているエピソードは?

いろいろありますけど、製造業ってもっと、きっちりしてると思ってたんですよね。冷たいというか、機械的に仕事をしているイメージ。でも全然そんな感じじゃなくて、人間味があるというか、人の温かみを感じるというか。今でも現場に顔を出すと、向こうから挨拶してくれたりしますし。あと、教育とか育成に関しては、かなり力を入れているなと感じます。講習に行きたいと言えば、それが業務に関係してればどんどん行かせてくれますし。英会話もやりたいって言ったら、それでどうなりたいかビジョンがあればいいよと言ってくれて。それと、経済アナリストが講義してくれる「ヤングビジネス塾」っていうのもあって。マクロ・ミクロ環境とか、自動車業界としての考え方とか。国際的なプレゼンはこうやるべきだとか。かなり実践的で役に立つことを教えてもらってます。バックアップ体制がしっかりしているのは、強く感じますね。

この仕事のやりがいと、今後のビジョンは?

一つ自分の中で大きかったなあというのが、ほぼゼロから世界におけるソミック製品のシェアを計算したことがあって。一台に何個部品がついているだとか、そのクルマの生産台数だとかを細かく計算していって。精度は100%ではないかもしれないけど、今後会社の方針とか戦略を考えるうえで絶対に重要になってくるので、達成感がありました。どうしたら精度の高い数値を導き出せるかというのを上司と相談しながら、ほぼゼロから作り上げられたのはよかったなと思います。

あと、業務外ですけど、ソフトボール部の立ち上げを自ら提案し、成功した際には、モチベーションが上がりました。会社と連携してクラブを作りたいと言ったら、すんなりOKしてくれて。今後の目標は、ソミックの製品をより多く、世界中の人に使ってもらうことですね。そしたら、少しでも自分が働いてきた甲斐があったかなと思えるので。

浜松市のソフトボール大会で優勝

バッターボックスで緊張の一瞬

ある1日のタイムスケジュール

08:20
スケジュールチェック、庶務
09:00
一日の会議資料の確認(デスクワーク)
10:00
企画内容の実施に向けた活動
11:00
会議
12:00
食堂で栄養を考えて昼食/キャッチボール・ピッチング練習
13:00
昼ミーティング/会議・週1日英会話
15:00
会議資料のまとめ(デスクワーク)
16:00
画検討&資料作成⇒次の会議で提案(デスクワーク)
19:00
一日の日報まとめ
19:20
週末の試合に向けて福利厚生を使ってジムでトレーニング

キャリアパス

2011年4月~2011年6月
竜洋工場33生産室1グループ(現場実習)
2011年7月~2012年5月
竜洋工場31室3グループ(現場実習)
2012年5月~2012年6月
原価企画推進部
2012年7月~2013年3月
技術管理部システムグループ
2013年4月~2016年3月現在
技術管理部技術企画室

未来の仲間にメッセージ

就職活動って、結構内定とることが目的になったりしますよね。そうじゃなくて、就職は「自分という人間を形成する一つの手段」という風に考えてもらって、自分がどういう人になりたいか描いてみてください。それからその会社が自分に合うのか見極める。それでもしソミック石川がいい、自分に合っていると思えれば、選んでもらえたら嬉しいです。そういった見方ができると、長く続きますし、仕事が楽しくなると思います。