ソミックの活動紹介

その他

静岡大学で、留学生に向けた講義を行いました

2019/12/19

静岡大学の授業の1コマで、ソミック石川を紹介する機会を頂きました。受講生は、ベトナム・インドネシア・韓国など多国籍な留学生、静岡の地域と産業の国際活動活性化への貢献を目指しているアジアブリッジプログラム(ABP)の学生や日本人で、全て英語で行われるクラスです。

126日(金)は浜松キャンパスで、9日(月)は静岡キャンパスで行いました。授業では、会社概要、当社の製品“ダンパー”の説明や開発秘話を、英語で行いました。その後学生に、「自動車以外に、ダンパーをどんな分野・用途に応用することができるか?」5~6名のグループでアイディアを出し合い、プレゼンしてもらいました。学生からは、面白いアイディアをたくさん聞くことができました。

 当社スタッフと学生がコミュニケーションをとる中で、“浜松には、当社のように新しいことに挑戦できる、楽しい会社がある”ことを知ってもらう機会となりました。

浜松キャンパスは24名・静岡キャンパスは、14名が参加
ソミック石川について紹介
ダンパーの開発秘話などを紹介
グループで出したアイディアをプレゼン

その他の投稿