100年の歴史

1916年創業から現在に至るまでの当社の歩み

織機用ボルト・ナットからの出発

1916(大正5)年

石川菊三郎が濱松市濱松八幡地に「石川鐵工場」を創業、ボルト、ナット類の製造を開始。鈴政式織機(現:エンシュウ(株))の協力工場となる

1936(昭和11)年

社名を合資会社「石川鐵工所」とする

(株)豊田自動織機製作所と取引開始

自動車部品メーカーへの脱皮

1937(昭和12)年

トヨタ自動車工業(株)と取引開始、エンジンボルトを納入

1939(昭和14)年

日本楽器製造(株)の協力工場となり、楽器用ボルト、ナットを納入

中島飛行機(株)に軍用機用のボルト、ナットの納入を開始

1941(昭和16)年

日本国際航空工業(株)に軍用機用のプロペラ部品などの納入を開始

1943(昭和18)年

本社を東京都墨田区に移転

1944(昭和19)年

東海道沖で東南海地震発生、砂山工場が倒壊

1945(昭和20)年

米軍による浜松空襲で従業員、学徒動員の高校生ら39名が犠牲に

ボールジョイントの石川へ

1946(昭和21)年

民需転換の許可を受け、従来の事業を再開

トヨタ自動車工業よりトラック用ボールジョイントの切削加工を受注

1949(昭和24)年

商工省より優良自動車部品認定書「第157号タイロッド継手」を受ける

1951(昭和26)年

トヨタ自動車販売(株)に補給部品の納入開始

トラック用のシャックルピンの生産に着手

1955(昭和30)年

ヤマハ発動機(株)と取引開始、軽二輪部品の納入開始

商工省からの優良自動車部品認定が認められ(1949年)、トヨタ自動車工業へ「トヨペット・クラウン」(RS型)用ステアリングリンケージを納入

1958(昭和33)年

富士重工業(株)と取引開始、「スバル360」用キングピンを納入

1960(昭和35)年

株式会社石川鉄工所に社名変更

鈴木自動車工業(株)と取引開始、「スズライト」用ボールジョイントを納入

1961(昭和36)年

関連会社・石川螺子製作所(現・テクノファースト)を設立、ボルト、ナット類の製造販売を移管

1963(昭和38)年

主力工場を浜松市砂山町から古川町へ移転

1964(昭和39)年

古川町の浜松工場(以下「古川工場)落成式と併せ、創立50周年式典を挙行

1967(昭和42)年

日野自動車工業(株)と取引開始、ギアコントロールロッドなどを納入

ボールジョイント専門メーカーとしての地位を確立

1968(昭和43)年

エーレンライヒ社(独)とボールジョイント製造の技術提携を締結

石川鉄工株式会社に社名変更

ダイハツ工業(株)と取引開始、ステアリングアッセンブリーなどを納入

1970(昭和45)年

浜松市鶴見町に鍛造工場(以下「鶴見工場」)を建設

日本精工(株)と取引開始

1973(昭和48)年

いすゞ自動車(株)と取引開始

1977(昭和52)年

久保田鉄工(株)(現・(株)クボタ)と取引開始、農機用無給油型ボールジョイントを納入

ヤンマーディーゼル(株)(現・ヤンマー(株))と取引開始

日本パワーステアリング(株)(現・KYB(株))と取引開始

1978(昭和53)年

鶴見工場敷地内に熱処理工場を建設

1981(昭和56)年

鶴見工場敷地内に機械工場を建設

1983(昭和58)年

三菱自動車工業(株)と取引開始

樹脂分割型ボールジョイントが実用新案に認可される

1986(昭和61)年

小松フォークリフト(株)(現・コマツリフト(株))と取引開始

積極的なグローバル展開

1989(昭和63)年

トヨタ自動車よりボールジョイント類の承認図化が認められる

鶴見工場敷地内に樹脂工場を建設

レムフェルダー社(独)と、アメリカに合弁会社ブリューワー・オートモーティブ・コンポーネンツ(以下「BAC」)を設立

1991(平成3)年

株式会社ソミック石川に社名変更

1993(平成5)年

磐田郡竜洋町に竜洋工場完成

1994(平成6)年

中国に合弁会社・紹興索密克汽車配件有限公司(SSAC)を設立

1995(平成7)年

浜松市古川町に関連会社・ソミックエンジニアリングを設立

インドに合弁会社ソナ・ソミック・コンポーネンツ・リミテッド(SSCL)を設立

1997(平成9)年

タイに合弁会社ソンブーン・ソミック・マニュファクチュアリング・カンパニー・リミテッド(SSMC)設立

1998(平成10)年

ISO9001を認証取得

ディスクダンパーがスズキのオートバイのシートに採用(車両用初)

2000(平成12)年

竜洋工場がISO14001を認証取得

QS-9000を認証取得

アメリカに合弁会社ウィスビル・テクノロジー(以下「WTI」)を設立

粘性式ダンパーが「セルシオ」のアームレストに採用

2001(平成13)年

フランスに合弁会社サンテティエンヌ・オートモーティブ・コンポーネンツ(SEAC)を設立

圧力式ダンパーが「エスティマ」のオットマンに採用

2003(平成15)年

中国に松美可天津汽車配件有限公司(STAC)を設立

古川工場と鶴見工場がISO14001を認証取得

2006(平成18)年

ISO14001を認証取得(全社)

2008(平成20)年

中国に合弁会社・唐山豊石汽車配件有限公司(TSHA)を設立

2010(平成22)年

BACとWTIを統合、ソミックアメリカ(SAI)としてスタート

2012(平成24)年

インドネシアにPT.SOMIC INDONESIA(SMI)を設立

2014(平成26)年

中国に松美可(蘇州)汽車配件技術服務有限公司(SSES)を設立

次の100年へ新たなる出発

2015(平成27)年

新都田事業所が稼動

2016(平成28)年

新企業理念と行動指針を発表

創業100周年

磐田市上神増に豊岡工場完成

2017(平成29)年

ダンパー事業、ISO/TS16949認証取得