ボールジョイント

世界中のカーライフを支える
ソミック石川のフラッグシップ

ソミック石川の主力製品である「ボールジョイント」は、ボール状の形をした、クルマの「関節部分」に用いられる重要保安部品です。大きく分けて、ステアリング系とサスペンション系の2つの分野に使用されています。ステアリング系ボールジョイントは、ハンドル操作をタイヤに伝えるために欠かせない部品で、自動車の基本性能である「走る」「曲がる」「止まる」のうち、「曲がる」機能を支えています。サスペンション系ボールジョイントは、タイヤを正しい方向に保持し、走行時の安定性を高める部品の一つで、現代の快適で安全なドライビングの実現に大きく貢献しています。

一口にボールジョイントといっても、カーメーカー、カーモデルによって、求められる性能は多種多様。安定性、耐荷重性、高剛性、低コストなど、要求されたニーズとプライオリティに、的確に応えられなければなりません。ソミック石川は、それに応える開発力・技術力の高さを多くのカーメーカーに評価していただき、国内トップのシェアを誇っています。また、世界市場においても大きく進出しており、「世界トップのボールジョイントメーカー」を目標にできるポジションにまで到達しています。

ここでは、ソミック石川のボールジョイント関連製品の一部を紹介します。

ステアリング系ボールジョイント

タイロッドエンド

タイヤの上下運動に合わせて動き、ハンドル側(ラックエンド)から伝わった操舵量(ハンドル操作)を、タイヤ側(ナックルエンド)に伝える役割を持つ。

ラックエンド

タイヤの上下運動に合わせて動き、ハンドル側(ラック&ピニオンギアボックス)から伝わった操舵量(ハンドル操作)を、タイヤ側(タイロッドエンド)に伝える役割を持つ。

サスペンション系ボールジョイント

サスペンションボールジョイント

タイヤ側(ナックル)とボディ側(サスペンションアーム)を連結し、タイヤを常に理想の位置に保つ役割を持つ。

スタビライザーリンクボールジョイント

タイヤ側(サスペンションアーム)とボディ側(スタビライザーバー)を連結し、タイヤの上下動に合わせて動き、車体をより水平に保つ効果がある。

リアサスペンションアーム・ボールブッシュ

リアサスペンションアーム
サスペンションアームと同じ役割を持ち、リア(後輪)部分に使用される

ボールブッシュ
ボールジョイントと同じ役割を持ち、リア部分に用いられることが多い。

その他製品

シャックル
Uボルト