夢への扉

夢は思うものではなく、叶えるもの

その40 「技術屋とは…」編

その40 「技術屋とは…」編

2015年12月10日

12月は、旧暦で「師走」と呼ばれます。この由来は、「師も走る、忙しい月」の他に「仕果す、仕事も終わり」と言う意味もあるそうです。この1年...

その39 「Brave Blossoms」編

その39 「Brave Blossoms」編

2015年11月10日

 4年に1度のラグビーワールドカップ。日本代表は初の1大会3勝を挙げ、世界にも強烈な印象を与えました。今回は、このワールドカップを通し...

その38 「出雲大社と理念」編

その38 「出雲大社と理念」編

2015年10月10日

 10月は、旧暦で「神無月」と呼ばれます。全国にいる神様たちが出雲大社に集まり、各地に神様がいなくなるところから「神無月」と呼ばれるよう...

その37「文武両道」編

その37「文武両道」編

2015年09月10日

9月は、旧暦で「長月」と呼ばれます。長月の由来は「夜長月」から来ており、暑い夏がひと段落し、夜が少しずつ長くなる月という意味だそうです...

その36「社長就任3年にして思うこと」編

その36「社長就任3年にして思うこと」編

2015年08月10日

8月は、旧暦で「葉月」と呼ばれます。8月は旧暦の9月に当たり、木の葉が紅葉して落ちる、葉落ち月が「葉月」の語源だと言われています。 &...

その35「“やわらぎ森のスタジアム”を見学して想ったこと」編

その35「“やわらぎ森のスタジアム”を見学して想ったこと」編

2015年07月10日

7月は、旧暦で「文月」と呼ばれます。昔、7月7日の七夕には短冊に歌や文字を書いたところから文月と言われるそうです。何やら7月はロマンテ...

その34「神様と言霊」編

その34「神様と言霊」編

2015年06月10日

 6月は、旧暦で「水無月」と呼ばれます。梅雨に入った6月に「水無月」というのも変な気がしますが、「水無月」の語源は旧暦での梅雨明けにな...

その33「浜松まつり」編

その33「浜松まつり」編

2015年05月10日

 5月は、旧暦で「皐月」です。語源は「田植えをする月」ですが、「皐」とは「神に捧げる稲」という意味だそうです。とはいえ、浜松で5月とい...

その32「自分を知り、夢を描く」編

その32「自分を知り、夢を描く」編

2015年04月10日

4月は、旧暦で「卯月」です。語源は「卯の花の咲く月」だそうですが、「産月」「初月」とも言われ、いろいろな新しいことが始まる月です。 &...

その31「経営と人」編

その31「経営と人」編

2015年03月10日

3月は、旧暦で「弥生」です。 「弥生」という言葉、「弥」は「いよいよ」「ますます」、「生」は「生い茂る」という意味、すなわち3月は、...